絵本大好き
前々から絵本や図鑑が好きだったけど、最近はさらに好きになってきたみたい。
我が家には10冊程度しか本がないのですがそれを毎日繰り返し読んでと言ってきます。

どうせだったらもっと色々な絵本を読ませてあげたいと思っていたのですが
そうそう買ってはいられないので、今までは家にある本だけで我慢してもらっていました。

そんな時にぶぅさんのブログに図書館で本を借りているという内容があったのを思い出し
それを真似て2週間前に初めて図書館で絵本を借りはじめました。

ウチの市の図書館は1人20冊までを2週間借りられる。
こんなに借りれるとは思っていなかった。
2週間に1回行くだけなら続けれそう^^


で、今日2度目の図書館。

今日借りた本は13冊。
夕飯の後に早速全部読まされた。(父と母二人とも)


これを機に僕ら夫婦の目標を立てた!

その目標は
琴とハルが小学校に入学するまでに必ず1万冊読み聞かせる
※同じ本でも10回読んだら10冊とカウント

今日からカウント開始  琴2歳4ヶ月22日
ただし図書館で本を借りてからは1日最低5冊は読んでるのでその分はプラスする。

2月14日〜2月27日まで 65冊     目標まで9935冊
本日の読み聞かせ冊数 17冊 累計82冊 目標まで9918冊

目標達成できるのか^^;

母ちゃんとモモのところまでかけっこだ!






にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ 
ご訪問ありがとうございます。ブログランキング参加中。
1日1回「ポチッ」とお願いします。

にほんブログ村 トラコミュ 子育てを楽しもう♪へ
 子育てを楽しもう♪
  女の子のパパ・ママ
 **男の子のママ・パパ** 
| kotoharu | [その他]絵本 | comments(4) | trackbacks(0) | |
ほるぷこども図書館
以前にも書きましたが琴は絵本が好きでここ最近は図書館で絵本を借りて読み聞かせていました。

そうやって借りてきて琴に読み聞かせをしているうちに僕も絵本に興味を持ち始め、
色々調べたりしていると絵本の読み聞かせは子供の成長に良い影響を与えるらしいと知りました。

そのような情報が全て本当だとは思わないけど、本の読み聞かせが悪いはずないので
子供たちの将来にきっと何らか役に立ってくれるでしょう。

ってことで

普通の教育(勉強的なこと)にはほとんど興味のない僕が
絵本の読み聞かせにだけはすごく興味をもってしまいました。(やってあげたいって心から思った)


何故絵本の読み聞かせにそんなに興味を持ったのか。

一番の理由は 「人としてすごく大切なもの」 を育ててくれるような気がしたから。

漠然としていますが^_^;

この「人としてすごく大切なもの」っていうのは僕の中では何よりも大事なことで

その「大切なもの」を育てる手助けをしてくれそうな絵本の読み聞かせに興味を持ったというわけです。


「大切なもの」 ・・・ 勉強では身につかない何か

ちなみに勉強の出来る出来ないは琴には全く求めていません。
でもハルにはちょっと勉強も出来て欲しいなとは思ってます^^;

と、絵本の読み聞かせに対する僕のどうでもいい意見はおいといて


絵本はたくさんあったほうがいいな〜と当然のように思い

いつでも好きな本が読めるようにと
早速、オークションで絵本を購入です^^;

図書館で借りてくる本はある期間が過ぎると家からなくなってしまうので
ちょっとお金はかかってしまうけど買うことにしました。


どんな本がいいのか自分では選べないので、色々な種類がまんべんなく揃っているだろう

「ほるぷこども図書館」のめだかコースです。

全66冊(ほるぷ子供図書館選定以外もあり)
1冊あたり約400円弱

新品の絵本は1冊800円から1200円ぐらいするので、新品ではとてもこんなに買えません。
中古本で十分です。


本格的に絵本の読み聞かせを始めて約2ヶ月。

すでに変化が見え始めています。

・TVやDVDを見る時間が明らかに減った
(絵本が好きなので当然なのですが)
 もしかしたら絵本が好きというよりも父母と長い時間くっつけるのが好きなのかもしれない^^

・親子で一緒の時を過ごす時間が明らかに増えた
 (おもちゃで遊んだり高い高いをやる時間より絵本を読む時間の方がずっと長いのでこれも当然ですが)

親子で同じことをやるという時間は絵本が一番取りやすい!特に父親は。








にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ 
ご訪問ありがとうございます。ブログランキング参加中。
1日1回「ポチッ」と お願いします。

にほんブログ村 トラコミュ 子育てを楽しもう♪へ
 子育てを楽しもう♪
  女の子のパパ・ママ
 **男の子のママ・パパ** 
| kotoharu | [その他]絵本 | comments(2) | trackbacks(0) | |