わずかな希望(闘病588日目)

1月28日(日) 17クール外泊終了
コト:4歳3ヶ月23日  ハル:2歳4ヶ月1日


先週、検査のひとつに眼科受診があった。

これまでも何回か眼科受診しているのだけど

今までの結果は目の機能に問題はないけど瞳孔反応なし。

どの先生も全く見えていないでしょうとの見解だった。


それが今回の先生は少しだけ違った。


目の機能に問題がないのは今までと同じ。


瞳孔反応がわずかだけどあるかもしれないので

もしかしたらハルくんはかすかに光を感じているかもしれません。

との診断だった。


一宮で弱視の子供たちのリハビリをやっているので

ハルくんもすぐにリハビリを始めた方が良いですよ。

すぐに紹介状書きますね。 と言われ


母ちゃんは驚きながらも、まだハルは半年ぐらい退院できないんですけど。

と言うと

忘れてしまうといけないので書いときますねとのこと。



検査が終わってすぐに興奮気味に父へ電話。


ハルはもしかしたらかすかに光を感じてるかもしれないって。

リハビリしたらほんの少しでも何か見えるようになるかもしれないだって。

だから諦めずにリハビリした方がいいよだって。


と興奮気味に話す母ちゃんの話を聞いて


もう絶対に見えるようになることはないと思っていた僕にとって

全く思ってもいなかった言葉に思わず涙が溢れてきた。



先生もほんとにわずかな確率のことを言ったのかもしれないけど

ハルの視力を100%諦めていた僕らにとっては神の声に聞こえた。


この先生に会わなかったら、リハビリをすることもなかっただろうし

ハルの目が見えるように何かしようなんて思わなかったと思う。



ハルが退院してリハビリをして、もし視力が戻らなくても

それはそれで後悔せず受け入れることが出来ると思う。


例えそうなったとしても、きっとこの先生には感謝すると思う。


この先どんなにわずかでもいいのでハルに視力が戻ってくれると

ハルの人生が大きく変わるのだけど。


今回の話を聞いて、以前盲学校を見学した時の
全盲の子と弱視の子の大きな違いを思い出した。

親としては少しでもハルが楽に生きられるようになって欲しいと願う。

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
ご訪問ありがとうございます。ブログランキング参加中。
1 日1回「ポチッ」とお願いします。
| kotoharu | [病気]神経芽腫_第10クール以降 | comments(4) | trackbacks(0) | |
← 前の日記 Top 次の日記 →
Comment
2012/01/29 10:43 PM posted by: ひとみ
はじめてコメントさせていただきます。偶然見たブログでしたが、とても優しさを感じる内容に、すべて拝見させていただいております。
私の息子もはるとといいます。まだ9カ月です。そして、ラブラドールも飼っていて今五才です。なんだか、とても他人事でなく、ブログを拝見していましたが、陽翔くんが光を感じてる可能性があると知り、本当にうれしくコメントしてしまいました。良かったですね、うれしいですね。これからも応援してます!
2012/01/30 1:03 PM posted by: うさこ
コメントご無沙汰しています。
今回の日記を読んでいたら、私まで涙が出て来ました。
可能性がゼロなのと、ちょっとでもあるんじゃ違いますもんね。
少しでも良い方向に向かうコトを祈っています。

2012/01/31 10:21 PM posted by: モッチャン☆
ご無沙汰してマス…私も嬉し涙が溢れました(;▽;)どぅかハル君にキラキラ輝く希望の光が見ぇてぃます様に!!
2012/02/01 4:55 PM posted by: くう
いつも見て応援してます。
外泊が延期になってさぞ悲しいだろうと思っていたのですが、希望が出てきて本当に良かったですね。
はるくんとみなさん家族の笑顔が増えますように。。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://family.web-areas.com/trackback/1277736